スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべてのサイトでクラス・ID名を統一する本当の理由とは?

自分が制作する全てのサイトにおいて、サイト構造を定義する大枠のID・クラス名は統一されています。

これは、統一したほうが分かりやすいということもありますが、本当の理由はそれではありません。
HTML5では、構造を定義する新しいタグが登場します。
これによって、HTMLコーディングは根本的に今より易しくなりますが、当然HTML5が実用化する頃にはタグの書き直しが発生するかもしれません。

HTML5に限らず、そもそもHTMLというものが絶対的なものでない以上、将来的にフルメンテナンスしなければならない状況が発生する可能性は十分にあります。

そんなとき、IDやクラス名が統一されていると、書き換え作業が一気に片付きます。

IDやクラスは、そうした先のことを考慮した命名規則を持たせるとよいのです。
また名前だけではなく、何をIDにして何をクラスにするかということも統一しておくと良いでしょう。

さらに言えば、当然IDやクラスは少ないほど優秀と言えます。
むやみにそれらを増やさないよう、デザインからきちんと考えておくと、将来的に後悔しなくてすむでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : web制作
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ケータイはこちら

QRコード

FC2カウンター

検索フォーム

最新記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
プロフィール

鎌田 翔己(SK)

Author:鎌田 翔己(SK)
岡山のウェブデザイナー/アーキテクト/コンポーザーです。
トップレベルのHTML/XHTMLコーディングや、PHP、Flashなどの業務に携わっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。