スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画サイトの行く末は

SEOmozで、映画の特設サイトがその後どうなるの? みたいな話がありました。
僕もずっと気になっていたのですけど、あれってドメインの使い捨てというか、結構もったいないです。
終わった映画のドメインからは、映画会社の該当映画の紹介ページにリダイレクトをかけるっていうのは、確かに良いアイデアだと思います。
ただ、もう少し“今風”に考えると、別の方法もあり得るかなと。

それは、「ユーザーコミュニティ化」大作戦。

せっかくのドメインだし、大量のリンクも獲得しているのだから、映画会社にリンク差し戻しするのではなく、たとえば映画用ユーザーコミュニティツールみたいなものを用意しておいて、公開後はそれを導入して自由に意見交換とかができるようにしてしまうのも、アリかと思います。
もちろん、何にでも使える方法ではないですけど、リダイレクト作戦と共に検討の余地はあるんじゃないですかね。
スポンサーサイト

テーマ : WEBデザイン
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ケータイはこちら

QRコード

FC2カウンター

検索フォーム

最新記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
プロフィール

鎌田 翔己(SK)

Author:鎌田 翔己(SK)
岡山のウェブデザイナー/アーキテクト/コンポーザーです。
トップレベルのHTML/XHTMLコーディングや、PHP、Flashなどの業務に携わっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。