スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

indexにファイル一覧を表示させない効果があると思ったら大間違い

昔、index.htmlファイルを置いておくと、そのディレクトリのファイル一覧(FTP画面)を表示させない効果があるという認識が一般的でしたが、そういう認識は正しいとは言い切れません。
僕は「indexは目次であってトップページではない」という持論を展開していますが、これはウェブサイトのルーツを辿ると明白でしょう。 ただ、仮にindex.htmlを設置せず、top.htmlという名前のファイルのみを置いたとしたら、どうなるか。
このとき、ファイル名を付けずにアクセスしたらファイル一覧が見れてしまうという認識は、未だに根強く残っているようで、それを封じるために空のindex.htmlを置くのが正解だという考え方も残っているようです。
でも、それは正しくない認識です。

第一に、ファイル名を付けずにアクセスしたときにサーバーがどういう反応をするかは、サーバーのiniファイルやhtaccessファイルで設定するものであって、一般的にはindexと名の付くファイルを返す設定になっていますが、最近ではエラーを返すレンタルサーバーも珍しくありません。 また一般のレンタルサーバーではまずないでしょうが、indexではなく、top.htmlを返すように設定すればそれが返ってきます。

第二に、「ファイル一覧を見ても問題ないはず」ということ。
サーバーの公開ディレクトリ以下にあるファイルは、原則的には全て公開されているはずのファイルです。 例えば、画像だけを納めた「img」ディレクトリがあったとして、その中の画像一覧を表示することに一体どんな不都合があるというのでしょう?
仮に空のindex.htmlを設置したとしても、ファイル名を直接打ち込めば見れるわけですので、大した防衛手段とは言えませんね。
どうしても公開ディレクトリに見せたくないファイルを置くのであれば、htaccessファイルを使ってサーバー外からのリクエストを弾くなどの措置を講じるのが正解で、index.htmlを置く方法は、あくまで気休めだということは覚えておく必要があるでしょう。

雑談でした。
スポンサーサイト

テーマ : WEBデザイン
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ケータイはこちら

QRコード

FC2カウンター

検索フォーム

最新記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
プロフィール

鎌田 翔己(SK)

Author:鎌田 翔己(SK)
岡山のウェブデザイナー/アーキテクト/コンポーザーです。
トップレベルのHTML/XHTMLコーディングや、PHP、Flashなどの業務に携わっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。