スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフトとヤフーがついに提携を発表

長きにわたるマイクロソフトヤフー提携話が、ようやく決着しました。
これにより、ウェブ制作の考え方はどう変わるでしょうか。
検索エンジンとしては、GoogleとBingの2強ということになりますが・・・?
今回のマイクロソフトヤフー提携については、専用サイトがあります。
Choice, Value, Innovation

ひとことで言うと、検索マイクロソフトのBingに一本化。
優良広告はヤフーに一本化、ということのようです。
検索」という分野で知名度を上げたかったマイクロソフトと、広告収入が減りつつあるヤフーの目論見が分かりやすい形で一致しているといえるでしょう。
この構図、どこかで見たなぁと思ったら、MacでWindowsを動かすことに似ていますね。

それはともかく、この提携によってサイト制作、SEOといった仕事にどういった影響があるかなと考えますと、当面はこれといった影響はないかなと。
むしろ純粋な検索としての利用では、Googleが今まで以上に伸びてくるのではないかと考えられます。 日本ではまだサービスが始まっていませんが、Bingは単純な検索エンジンではなく、「意思決定エンジン」ですから、利用者の傾向が大きく異なってくるのではないでしょうか。
今までも、ヤフーは初心者が利用する傾向でしたが、それがより顕著になってくるかも知れません。
ただ、やはり圧倒的多数は初心者ですから、長い目で見るとBingが有利なのかもしれません。

どちらにしろ、ヤフーディレクトリがそのまま残るのであれば、やはりヤフーの価値はそこに集約されることになるでしょう。

作り手としては、特に動じることなく、今までどおりに良質なサイトを作れば良いだけだろうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ケータイはこちら

QRコード

FC2カウンター

検索フォーム

最新記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
プロフィール

鎌田 翔己(SK)

Author:鎌田 翔己(SK)
岡山のウェブデザイナー/アーキテクト/コンポーザーです。
トップレベルのHTML/XHTMLコーディングや、PHP、Flashなどの業務に携わっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。