スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

$_FILESの中が空になってしまい、ファイルアップロードができません

ファイルアップロードフォーム(form type="file")というのは、まあ色々とつまづくことが多いわけですが、ファイルアップしたときにPHPにセットされる変数$_FILESが何も受け取らないときの話です。
ファイルをアップする際の基本は、
・method="post"にする
・enctype="multipart/form-data"にする
・upload_max_filesizeをアップロードしたいファイルサイズ以上にする
・post_max_sizeを上記以上にする
・memory_limitを上記以上にする

これを満たしていても、アップロードしようとするとできないことがあります。
ここで問題になるのが、WebArenaなどで採用されている、/tmpディレクトリの容量制限です。
例えばWebArenaでは/tmpのサイズは20MBに制限されています。
これ以上ファイルが溜まると、アップロードしてもtmpファイルが作られず、結果的に$_FILESに値が入りません。
なんらかのトラブルで、ファイルアップロードの処理が止まった場合、/tmp内にファイルの残骸がどんどん溜まっていくことになります。

これを回避するためには、/tmpに残ったままになっているファイルの残骸を削除してやることです。
/tmp内がきれいになって必要な容量が確保されれば、またアップロードできるようになるはずです。
スポンサーサイト

テーマ : web制作
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ケータイはこちら

QRコード

FC2カウンター

検索フォーム

最新記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
プロフィール

鎌田 翔己(SK)

Author:鎌田 翔己(SK)
岡山のウェブデザイナー/アーキテクト/コンポーザーです。
トップレベルのHTML/XHTMLコーディングや、PHP、Flashなどの業務に携わっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。